旅とカフェと南の島! yocchi


by yocchi

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ&旅の足跡
cafe&restaurant
movie
books
日記
おでかけ
Travel*HOTEL 国内
Travel*HOTEL 海外
Travel:HoiAn2017
Travel:穗高養生園2017
Travel:道後温泉&しまなみ海道20
Travel:Okinawa2016
Travel:里海邸2015
Travel:FUFU山梨2015
Travel:Okinawa2015
Travel:長野温泉♪GW
Travel:bali 2015
Travel:HoChiMinh2014
Travel:Yaeyama2014
Travel:aalto 2014
Travel:Okinawa2013
Travel:bali 2013
Travel:hiroshima2012
Travel:hawaii2012
Travel:okuhida2012
Travel:Nagano2011
Travel:bali 2011
Travel:taiwan2011
Travel:kyoto2011
Travel:bali2010
Travel:あれこれ
コスメ&アロマ
Travel:Okinawa2016
Travel:HoiAn2017
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
more...

最新の記事

Summer Vacatio..
at 2017-08-18 18:33
標高1900メートル、絶景の..
at 2017-06-07 09:01
デトックスな休日♥ 穗高養生..
at 2017-05-30 09:18
デトックスな休日♥ 穗高養生..
at 2017-05-23 08:46
GWはデトックスとスピリチュ..
at 2017-05-08 08:38

memo

こんにちは。
yocchiです!

年下オットとの
ふたり暮らし。

素敵なカフェで
ノンビリ過ごす時間が
大好き。
メールは
wata1006☆excite.co.jp

ウブド

ハレクラニ のクチコミ


宿らんおすすめブロガー/ホテリ・アアルト

ライフログ


Hanako (ハナコ) 2016年 12月22日号 No.1124


CasaBRUTUS(カ-サブル-タス) 2016年 9月号 [アジアのリゾート 100]


Hanako特別編集 Hello Hawaii やっぱりオアフ (マガジンハウスムック)


Hanako特別編集 ゆっくり、沖縄。 (MAGAZINE HOUSE MOOK)


かわいいバリ (MABLE BOOKS)

ブログパーツ

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ:movie( 16 )

「欲動」 バリ島オールロケーション

バリ友さんが、無事バリから帰国。おかえりなさい♪



「壁ドン」の斎藤工のCMが密かに楽しみなワタシ❤
なんと! 彼が主演で、バリが舞台の映画が都内で公開中。






今作はアジア屈指のリゾート地バリ島を舞台に繰り広げられる、男女の性愛と人間の生死を描いた物語。男と女の複雑な心理描写を女性監督ならではの繊細なタッチで描く。さらに切なくも美しいダイナミックなベッドシーンは官能的である。ガムラン(東南アジアの民族音楽)による音楽やケチャ(バリ島で行われる男声合唱による呪術的な踊り)などバリ島オールロケシーンは圧巻である。


R18指定なのでご注意を...。(笑)



++『欲動』++
[PR]
by wata1006 | 2014-11-26 18:51 | movie

映画「私の男」

昨日はレディースデー、久々に映画を観に行ってきました。

最初の1週間は200メートル先のコンビニに行くのもしんどかったけど、
最近は無理しない範囲で電車に乗って動けるほどに回復!

重い物は持てないので、買い物はイトーヨーカドーのネットスーパーが大活躍。
週に1回まとめて頼んで、ラクさせてもらってます。
クリックするだけで、広告の品も買えるし、いやー便利になりましたねー。
++ココ++




「私の男」





奥尻島に猛威を振るった津波によって孤児となった10歳の花(山田望叶)は遠い親戚だという腐野淳悟(浅野忠信)に引き取られ、互いに寄り添うように暮らす。花(二階堂ふみ)が高校生になったころ、二人を見守ってきた地元の名士で遠縁でもある大塩(藤竜也)は、二人のゆがんだ関係を察知し、淳悟から離れるよう花を説得。やがて厳寒の海で大塩の遺体が発見され、淳悟と花は逃げるように紋別の町を去り……。



浅野忠信がモスクワ国際映画祭で最優秀男優賞を受賞した作品。
でもね、二階堂ふみの花さんがこの映画で一番の存在感。


朝、ダンナさんに映画観に行ってくるっていったら、「アナ雪?」あ、「私の男」だろって。
ああいうの好きそうだしって...オイオイ

でも二階堂ふみさんの色気が凄かった...
妖艶さにオンナの私まで引き込まれた。少女から大人まで見事に演じ切った。


期待してた浅野忠信は「ん?」っていうほど、それほどでもなかった...
受賞は二階堂ふみでしょ! それほど圧倒してた。






061.gif私の男
[PR]
by wata1006 | 2014-07-03 09:31 | movie

「バグダッド・カフェ」




ヤスミンは、アメリカ旅行中に夫と喧嘩をし車を降りてしまう。彼女は重いトランクを提げて歩き続け、モハーヴェ砂漠の中にあるさびれたモーテル兼カフェ兼ガソリンスタンド「バグダッド・カフェ」にやっとの思いでたどり着く。いつも不機嫌な女主人のブレンダ他、変わり者ばかりが集う「バグダッド・カフェ」。いつも気だるいムードが漂う中、ヤスミンが現れてから皆の心は癒されはじめる。あの不機嫌なブレンダさえも。そして二人はいつしか離れがたい思いに結ばれていくのだが……。



急にまた寒くなりました。


砂漠のモーテルが舞台の映画なのに冬のこんな寒い夜に聴きたくなる、主題歌“コーリング・ユー”。

曲は何度もラジオなどで聴いて知ってたけど、DVDを初めて見た時、
映像とこの曲があまりにもピッタリで感動した。




1987年、西ドイツ作品
[PR]
by wata1006 | 2014-02-05 21:27 | movie

「レンタネコ」 



最近はダンナさんも休日出勤ばかりで、休みの日も一人で過ごすことが多い。
寒いし、家の中でヌクヌクしてばかり。^^

久々に心がホッコリする映画、かもめ食堂、めがねでお馴染みの荻上監督の最新作『レンタネコ』。
主演は市川実日子さん。

心が寂しい人にネコを貸すレンタネコ屋。

人づきあいが苦手で唯一の理解者だったおばあちゃんが暮らした古い一軒家に暮らすサヨコ、
昭和チックな小物と猫がいい味だしてる。

リヤカーの荷台に猫を乗せて
「レンタ~ネコ、ネコ、ネコ、レンタ~ネコ、ネコ、ネコ、寂しい人にネコ貸します!」
って言いながら出会う、心にポッカリ穴が開いてしまった人達とのドラマ。

"ちゃんと埋めて下さいね、心の中の寂しい穴を”と手渡されるネコ達。


市川実日子さんのサヨコが、この役にほ~んとピッタリ合ってる。
ネコ好きじゃないワタシでもなんだか暮らしてみたくなる、あの一軒家。あんな暮らし。
おせっかいなお隣さん役で出てた、小林克也さんも見ものですよ~。(笑)


061.gifレンタネコ
[PR]
by wata1006 | 2013-02-18 09:35 | movie

『ファミリーツリー』

d0224712_1656494.jpg


久々にDVD観賞。
5枚で1000円のキャンペーンなんだけど、観たいDVDは軒並みレンタルされてて
3泊4日にして、2枚で800円はなんだか納得いかない。(笑)
適当に見つくろえばいいのかもしれないけど・・・・。

ハワイが舞台のこの映画、公開が丁度去年の渡ハ時期だった。
観たかったけど、旅行前のバタバタした時期に映画館に行く余裕もなく、
偶然目についてレンタル。

見慣れたオアフのビーチやダイヤモンドヘッド、バックに流れるハワイアンミュージック。
南国が恋しい季節だけに、舞台となったハワイの景色を見ているだけでも癒される。

頭の中まで南国ムードに浸れる内容かと思いきや、
仕事人間だった夫(ジョージ・クルーニー)に愛想をつかしてた妻は
不慮の事故でこん睡状態に。

仕事一筋だったから、なかなか上手く二人の娘とコミュニケーションも出来ない。

妻が元気になったら仕事も辞め妻との時間を持とうと心を改めるも、
医師からは生前の希望で延命治療を終わらせようと告げられる。

そんな中、長女から妻の浮気を聞かされ益々不運がかさなる。

でも、「ママの為に最後に浮気相手に会わせてあげよう!」ってところから家族が一つになる。w

浮気相手を見つけ出し、妻に会ってくれるよう相手のバカンス先におしかけるんだけど、
"それって本当に本人喜ぶ!?”ってなんだかしっくりこない展開。

妻は本気、相手は遊びだったとハッキリ言ってるのに。

挙句病室に来たのは浮気相手の妻・・・・。

もちろん浮気はバレてて奥さんも錯乱状態。
余命数日の妻にかけて欲しい言葉じゃもちろんない。

そして間もなく息を引き取った妻・・・。


パパ、ジョージ・クルーニーは好演してるし、ハワイの景色もとってもいいんだけど、、、
DVDに「これを観たら、家族の絆を深める旅に出よう!」って書いてあるけど
そんな気分にはならなかったよ。

と、思ったのはワタシだけ??
[PR]
by wata1006 | 2013-02-01 18:13 | movie

『ステキな金縛り』

昨日は久々に映画鑑賞。
月曜日にNHKのプロフェッショナル仕事の流儀で三谷さんの特集を見て、
仕事への情熱に圧倒された。(あの番組大好き、スガシカオの曲もね。)
常に新しいことにチャレンジ、でも年齢的に時代の流れをキャッチするアンテナが
衰えてきている恐怖も感じながら・・・・。
ギリギリまで書き直す台本、役者さんとは一線を引き、仕事が終わればさーっと自宅へ。
その自宅にもう小林聡美さんがいらっしゃらないのが残念だけど。
まさか別れてしまうとは。。
どんなマイナスな出来事も、うまく脚本のネタにしてしまう。

最近公開された『ステキな金縛り

ちょっと重たい日々が続いてたので頭を使わず、思いっきり笑えるこの作品で
かなりリフレッシュ!

d0224712_7573279.jpg



三谷作品、初めて見るかも。
どのシーンにも笑いあり、西田さんの落ち武者姿だけでも笑えるけどね。^m^
あと、犯人役のKANが懐かしいやら老けたなぁと。笑
脇を固める俳優陣はすべてベテラン揃い、ある意味すごい監督だよね。
あの世から会いたい人や犬を連れて来てくれるシーンがあるんだけど、
「ネアンデルタール人から皆いるんだから、探すの大変なのよ!」ってところがナイス!


たしか映画のシーンにもあったけど、殺された人間が出てきて証言してくれたら
『無罪の罪で・・・。』なんてこともなくなるだろうね。笑
[PR]
by wata1006 | 2011-11-10 16:06 | movie

「2046」

d0224712_9421265.jpg

「天使の涙」「恋する惑星」「花様年華」「ブエノスアレイス」のウォン・カーウェイ監督作品。

このあたりの彼の作品のファンでもあるけど、
キムタクが出演していることで話題になったこの作品には
ずっと抵抗があって観てなかった。

韓流コーナーの拡大で、他のアジア映画のコーナーがすっかり小さくなってしまった
ツタヤで一番下段にあったこの作品に目が留まって借りてきた。

率直な感想は、キムタクはうっとおしいがウォン作品好きな私には良かった。

出来あがった作品にキムタクの出演シーンが少なくて日本側からクレームがついて追加撮影。
5分程度が20分に。それもカンヌ映画祭上映後に。
1960年代後半のレトロな香港の街にポマードで固めた日本人青年役。
日本人嫌いの恋人の父親に結婚を反対され、ついには一人日本へ。
なんか情けない役どころ、なのに出演シーンを増やしたので余計にパッとしない。
そして彼だけずっと日本語、皆中国語なのに・・・。
ドラマでいつも鼻につく仕草はなくって、その辺は良かったけど。笑
降板したら代役はウォンビンだったらしいよ。

内容は「花様年華」の続編とも言われ、ストーリーにはくどい部分もあるけど
チャン・ツィイーとトニー・レオンのシーンには引き込まれる。
チャイナドレスって、オンナを本当に色っぽくさせる服だよね。

キムタクがトニーのような大人のオトコを演じられるのはいつのことかしら・・・とふとよぎったわ。
そろそろ彼も四十路だよね。

1960年代の後半、香港の古びたホテルに住むチャウ(トニー・レオン)は、それまで自分が接してきた女性たちとの思い出やこだわりを胸に、ある近未来SF小説『2046』を書き始めていく。それは、失われた愛を見つけることができるという“2046”へ向かう謎の列車の物語。2046から帰ってきた者はいないという。ただひとりの男(木村拓哉)を除いては。そして今、男は再び列車に乗り込んでいた…。

061.gif2004年香港映画
[PR]
by wata1006 | 2011-10-13 10:00 | movie

++アメリ++

一番大好きな映画、『アメリ



2001年公開だから、すでに10年近く前。
想像力豊かで妄想癖のある女の子が主人公。
主演のオドレイ・トトゥも大好き☆
d0224712_10174063.jpg

ちょっと切なくなるアコーデオンの音、サントラもお気に入り。
曲を聞くだけで、そのシーンが思い浮かぶ。
d0224712_10154282.jpg

フランス語の流れるような響きが好きで、フランス語教室に通ったことも。
今でも言える1~100、あと自己紹介。笑
d0224712_10151145.jpg

モンマルトルを中心にパリの観光名所がたくさん出てくる。
ロケ地巡りするのが夢♪
アメリの大好きなサンマルタン運河での水切りは必須!
d0224712_10155781.jpg

久々に観たくなった。^^
[PR]
by wata1006 | 2011-09-09 10:57 | movie

「さんかく」

王様のプランチの映画コーナーで見てからずっと気になってた♪


061.gifさんかく



そろそろ倦怠期気味の同棲中のカップルのところに
彼女(田端智子)の妹が夏休みの間、転がりこんできた。
ちょっぴり色っぽい15歳の妹(小野恵令奈)に、彼氏(高岡蒼甫)がどんどん惚れていく。

この妹がまた姉の彼氏を誘惑するのが上手い!!
夏休み終了とともに戻ってしまうんだけど、すっかりメロメロになっちゃってて
彼女と別れて、妹とどうにかなろうと、たくらむんだけど・・・・。028.gif

これ~~~、絶対観て欲しい☆

AKB48の小野恵令奈の演技が、またピッタリ役にハマってるんだよね。

最後に、田端智子は高岡蒼甫とまた一緒になるの??

これ是非、観た人と語り合いたい。。
[PR]
by wata1006 | 2011-05-16 20:54 | movie

「パリ20区僕達のクラス」

今週はずっと雨続きで、ツタヤで映画をレンタル。
私がだいたい行くのは、こんな作品を集めたコーナー。

061.gifパリ20区僕達のクラス



簡単にいってしまえば、“フランス版金八先生”。

先生役のフランソワが、原作も書かれていて教員の経験もあり。
そのうえ、自身が主演されてる。
まるで、演技とは思えぬ先生と生徒たち。

中身も80%近くが教室での授業風景、生徒とのやりとりなんだけど
これまた、多くの人種が生活しているフランスならではの問題がたくさん。
男性名詞に“ビル”と使えば、「なぜ白人の名前ばかり出す!」と
とたんにヤジが飛ぶ。
フランス領、アフリカ諸国から来ている生徒達も、アンテディーでひと騒動。
親世代は、まったくフランス語が話せず、素行の悪さもまったく通じない。

金八先生のお説教を静かに聞くシーンとは対局にある内容。
(まず、1話すと10返す生徒)
でも、生徒の為にこんなにアツくなってくれる人ってやっぱり必要だね!

いや~、どこの国も先生って大変だなって実感する映画でした。
[PR]
by wata1006 | 2011-05-13 10:33 | movie