旅とカフェと南の島! yocchi


by yocchi

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ&旅の足跡
cafe&restaurant
movie
books
日記
おでかけ
Travel*HOTEL 国内
Travel*HOTEL 海外
Travel:HoiAn2017
Travel:穗高養生園2017
Travel:道後温泉&しまなみ海道20
Travel:Okinawa2016
Travel:里海邸2015
Travel:FUFU山梨2015
Travel:Okinawa2015
Travel:長野温泉♪GW
Travel:bali 2015
Travel:HoChiMinh2014
Travel:Yaeyama2014
Travel:aalto 2014
Travel:Okinawa2013
Travel:bali 2013
Travel:hiroshima2012
Travel:hawaii2012
Travel:okuhida2012
Travel:Nagano2011
Travel:bali 2011
Travel:taiwan2011
Travel:kyoto2011
Travel:bali2010
Travel:あれこれ
コスメ&アロマ
Travel:Okinawa2016
Travel:HoiAn2017
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
more...

最新の記事

Summer Vacatio..
at 2017-08-18 18:33
標高1900メートル、絶景の..
at 2017-06-07 09:01
デトックスな休日♥ 穗高養生..
at 2017-05-30 09:18
デトックスな休日♥ 穗高養生..
at 2017-05-23 08:46
GWはデトックスとスピリチュ..
at 2017-05-08 08:38

memo

こんにちは。
yocchiです!

年下オットとの
ふたり暮らし。

素敵なカフェで
ノンビリ過ごす時間が
大好き。
メールは
wata1006☆excite.co.jp

ウブド

ハレクラニ のクチコミ


宿らんおすすめブロガー/ホテリ・アアルト

ライフログ


Hanako (ハナコ) 2016年 12月22日号 No.1124


CasaBRUTUS(カ-サブル-タス) 2016年 9月号 [アジアのリゾート 100]


Hanako特別編集 Hello Hawaii やっぱりオアフ (マガジンハウスムック)


Hanako特別編集 ゆっくり、沖縄。 (MAGAZINE HOUSE MOOK)


かわいいバリ (MABLE BOOKS)

ブログパーツ

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ:Travel*HOTEL 国内( 11 )

Hotel ラシェネガ 真鶴 の夏休み

週末に1泊2日でさっそく夏休み。7年近く前に泊ったラシェネガさん。
お子様NGのホテルなので我が家のように静かに過ごしたい方にはピッタリ。

あいにくというか、初日は土砂降り・・・・。
そういえば、去年もどこに行っても雨・雨・雨だった。
チェックインは16時からなんだけど、ランチ⇒真鶴半島を一周して15時近くには到着。
d0224712_10161594.jpg


d0224712_10204580.jpg

こじんまりとしたフロント兼ロビー。なんだか懐かしい♪
空いてる時期だからか、すぐお部屋には案内して頂けました。
d0224712_10234171.jpg

お茶タイム☆
コーヒーがエスプレッソなみに濃い。
d0224712_1152020.jpg

せっかくの外の景色も雨で残念。プール開きは7/7(土)から。
d0224712_10254863.jpg

こんな感じ。
翌日にはプールの水も抜かれて、清掃に入ってしまった。><
d0224712_10282256.jpg

今回は一休マーケットさんで、ホテルで一番眺めの良いお部屋プラン
おひとり様5500円のプラン。(食事なし)
全室海に面してるので眺めは抜群。シンプルなツインのお部屋。
d0224712_1031325.jpg

最上階の4階。
d0224712_10353682.jpg

場所がら温泉はないけど、ここのジャグジー&サウナでリフレッシュ☆
9:00~22:00
ジャグジー3か所、ミスト、高温サウナ。最近あまり見かけないタンニングマシンが!
d0224712_10385286.jpg


エステサロンも併設されてるんだけど、う~~んちょっと高すぎかも。

夕食は付けなかったので、近くのお寿司屋さん。
ランチ営業が多く、夜までやってるお店は葵寿司さんくらいでした。
ホテルのディナーは5,000円と8,000円のコース。

ロビーのお隣にはバーも。22:00~ どうやら週末のみ。HPと変わってた
d0224712_1293159.jpg


翌朝、どうにか雨もやんでくれた。
d0224712_1050164.jpg

朝食は付けてもらって、彼は和食。私は洋食。
d0224712_1055526.jpg

「アジが美味しい、美味し」っていうんで帰りに港に寄ってアジの干物、金目の干物、
手作り塩からを購入。
真鶴港そばの直売所、安くてオススメ♪ 夕食に食べたけど脂が乗ってて美味しかった~。
d0224712_1194996.jpg


同じ宿を再訪することは、滅多にないのでちょっと感激でした。
旦那さんが「出来れば、毎回違うところに泊りたい」というこだわりで
彼はしきりに「バブリーだなぁ~」ってつぶやいてました。^^
たしかに、その当時のにおいがプンプン♡
前回よりたしかに古さは感じたかな・・・
そのうちお子様も可なんてならないことを祈ろう。

ハワイ旅行直後で、お財布にも優しいリゾートホテルでした!

ホテル ラシェネガ
[PR]
by wata1006 | 2012-07-03 12:02 | Travel*HOTEL 国内

星のや ~軽井沢~

寒いこの時期に思いだすのが、一昨年訪れた星のやさん。
軽井沢の老舗旅館が、見事再生して今や立派なリゾートホテルに。

基本予約は2泊から、1か月前をきると空きがあれば1泊からの予約も可能。
d0224712_1144271.jpg

シンプルなエントランス。
d0224712_1164126.jpg

ロビーでは、厳かな和楽器の演奏。
d0224712_117231.jpg

寒いので早々とチェックインする方が続々。
向かいに見える、ホテルカー『キューブ』でお部屋のある集落までちょっとしたドライブ。

お部屋は色んなタイプがあって、私達は『山路地の2階
人気の水波の部屋もいいけど、お部屋によっては外から丸見えなので
山路地のこのお部屋はオススメです☆
d0224712_1110022.jpg

リビングも広々、足元はどこも完璧に床暖房が入ってるので
素足でも全然寒くない。
d0224712_1113517.jpg

このときは、バースディケーキをサプライズで♪
d0224712_11154060.jpg

夏だったら気持ち良さそうなテラス。
すでにアイスバーン状態^^;
d0224712_11174114.jpg

☆檜風呂☆
温泉じゃないけど、メディションバス(宿泊者専用)までちょっと離れてる。
コテージのようなつくりのこのホテル、夜は暗い敷地を懐中電灯持参で
お風呂に行かないといけないので、お部屋で温まるのもいいですよ。
お水はすべて山の湧水だとか。
なんせ、日が暮れるとマイナス10℃。出たくなくなる!
d0224712_11185982.jpg

人気の水波の部屋、目の前の水辺が夜にはライトアップされるのでとても綺麗☆
d0224712_11242428.jpg

日本料理『嘉助』
d0224712_11285097.jpg

私達は夜も朝もお部屋のルームサービスで頂いちゃいました。
リーズナブルな『村民食堂』、ブレストンコートの『ノーワンズレシピ』などは敷地の外。
キューブで送迎してくれるとのことですが、寒さに負けた・・・。^^;
でも、食事の時間にしばられず空いてる時間に大浴場も満喫出来たし
部屋で思いっきりくつろげたので満足!
ルームサービスメニューも充実してますが、この日のように寒いと注文が殺到するので
早めにオーダーしておくことをオススメ。


洋朝食☆
d0224712_11384750.jpg

和朝食☆
d0224712_1139261.jpg

映画のセットのよう、水波のお部屋。
d0224712_11404595.jpg


来年の12月には待望の星のリゾート竹富島がオープン!
楽しみです♪

2010年1月
[PR]
by wata1006 | 2011-12-24 11:45 | Travel*HOTEL 国内

時の宿「すみれ」 ~米沢~

米沢にある時の宿「すみれ」さんに泊ってきました。
帰省の途中にどこか寄り道したいね・・・・、何処かないかな、、、。
我が家にあったブルータスをペラペラめくってたら、パっと目に入った「すみれ」さん。
お二人様専用旅館ここに魅かれた!

記念日旅行には最適なお宿、
「何かの記念ですか?」と予約時何度も聞かれたな・・。^^;
時計もテレビもない。。。時間を気にせずゆったりとした時が☆

東京駅から新幹線で2時間、米沢駅に到着。

米沢駅にお迎えの車。
d0224712_8544968.jpg

車に乗ること15分ほどで、全10室のお宿「すみれ」さんに到着
d0224712_8584345.jpg

ご夫婦、女性のお友達同士、親子など様々。
でも年齢層は高く、私達が一番若かったような。。

一服して本日のお部屋「みすず」へ
d0224712_925389.jpg

北欧スタイルのシンプルなお部屋です。
d0224712_954756.jpg

アロマポットからすでにいい香りが☆
d0224712_9806.jpg

こちらも寝心地抜群でした!
d0224712_97775.jpg

1階だったのでちょっと迷いましたがこの景色を見て正解でした!
d0224712_994743.jpg


d0224712_914483.jpg


さてさて館内を散策してきましょう♪

ラウンジにある酒蔵
d0224712_916444.jpg

こちらは老舗お肉屋さんが経営するお宿。
お食事を楽しみにいらっしゃる方が多い。
そのお食事時やお部屋、ラウンジで飲むお酒をこちらでじっくり選べるの。
d0224712_9204741.jpg

さっぱりとしてて、飲みやすそうなこちらを。
yoshiっていう名前もなんだか親しみが!
d0224712_9235998.jpg

ロビーからバーカウンター
d0224712_9253788.jpg

貸切露天風呂☆
2か所あり、予約不要で24時間。
好きなときに入れるのは嬉しい。
d0224712_9363110.jpg

男女入れ替え制の大浴場
d0224712_9373641.jpg


かなり熱めのお湯で湯上りはスッキリとした気分に。

エステ⇒お風呂で汗を流した後はお待ちかねのお食事です。。

d0224712_9522627.jpg


半個室のレストランでさぁ~、3時間近くに及んだお食事の始まりです。笑
本当にどこまでも二人っきりにさせてくれますよ。
d0224712_9503382.jpg

“米沢牛、牛、牛” もう、これでもかぁーーーって感じです。
d0224712_9555827.jpg

まずは乾杯^^
d0224712_9591344.jpg

ハラミのロースト
d0224712_959401.jpg

トウガラシと三種の
d0224712_9595550.jpg

まぐろとあさりの
d0224712_1015061.jpg

大トロと外モモのタタキ
d0224712_102630.jpg

お口直しのグラニエ♪
d0224712_1021894.jpg

メインは予約時に、「すき焼き」「しゃぶしゃぶ」「ステーキ」からセレクト
私達は相方の希望で「すき焼き」に。
最初からどーーんとすき焼きが出てくるのかと思ってたので、
じらされるこの感じがたまらない。^m^

とも三角のすみれ漬け
d0224712_1095246.jpg

しゃくしの湯引き
d0224712_1010789.jpg

すみれの冷汁
d0224712_10105191.jpg

やっとお待ちかねのすき焼きです。
d0224712_10103852.jpg

味噌仕立て、こくがあって美味しい♪
d0224712_10141170.jpg

お料理の内容はシーズンごとに変わるとか。
オススメのステーキは、あちらの席で頂くようです。
d0224712_10175611.jpg

胃にもたれないようちゃんと配慮されてお料理が出されてるとか。
でもさすがにもうお腹パンパン^^;
デザートはラウンジのピアノの生演奏を聞きながら頂きます。
d0224712_10244745.jpg


さぁ、ぐっすり寝て翌朝♪

d0224712_10313070.jpg

お宿周りを散策
d0224712_10314735.jpg

d0224712_10325083.jpg

d0224712_1033525.jpg

今年はお天気に恵まれない旅行が多かったので、
やっぱり起きて天気が良いと気分も、ち・が・う☆

朝風呂に入って、ちょっと遅めの8時30~朝食です。
山形のお米“つやひめ”が美味しい。
d0224712_1037438.jpg

d0224712_10381167.jpg

久々にお料理を堪能した旅でした。
やっぱり旅先で美味しいものを食べるのはいいわ~と実感した旅でした☆
d0224712_10485211.jpg


時の宿「すみれ」
[PR]
by wata1006 | 2011-07-19 09:30 | Travel*HOTEL 国内

西木屋町仏光寺上る ~四条河原町~

2泊目は西木屋町仏光寺上るすごい名前だよね。
でも、じゃらんnetで4.9ポイントと高評価の宿で、
私の好きな町家だったからすごーい気になってた。

d0224712_1114193.jpg


相方が月曜日代休を取れるっていうんで、急遽予約。
日曜日だったから空いてましたよ!!

ただ、この日は台風の影響で土砂降り。><
もう、雨との戦いでぐったりでした・・・・。

ここはとにかく立地が最高!
阪急「河原町駅」から徒歩3分、なのに高瀬川という小さな川が流れてて情緒も満点。
周りはおばんざい屋さんやバー・カフェなど食べるところには困らない。

d0224712_10325211.jpg


チェックアウト後、多少小雨だったのでひとり観光に。
しかーし、山麓のお寺さんに着く頃には土砂降りに・・・。
恵文社にも寄り道して、四条に戻ってきてもザアザアぶり。。

多少迷いながら宿に着いたら、素敵な女将さんがお香を焚いて待っていてくれました!

カテゴリー的には民宿だとか。
1階は4畳半、2階が6畳の小さな町家です。
が、とにかくかゆいところに手が届くって感じのサービス。
d0224712_1047229.jpg

冬にはコタツに変わる古い丸テーブルを中心に
レンジやポット、テレビが。
お茶のティーバックも種類豊富、コーヒーはイノダコーヒーさんが置いてあったり。
d0224712_10442116.jpg

寒くないように、ホットカーペットを入れててくれました。
台風なのにここ数日肌寒いから、ココロ使いに感謝、感謝!!
d0224712_1036835.jpg

廊下には洗面台、左手にはバスルーム♪
d0224712_1051364.jpg

和式を改装したのだろう、座るとギリギリ。笑
d0224712_10511199.jpg

お風呂も小さいが、問題なし。
アメニティもナチュラル系。
d0224712_10511787.jpg

京都は銭湯がとっても多い。
銭湯に行かれる方も多いとかで、ちゃんとお風呂セット用のカゴまで!!
中にはボトルに入ったアメニティグッツまで。
d0224712_1057750.jpg

ちなみに冷蔵庫がなくて、右のボックスが冷蔵庫かわり。
でも歩いて1分でコンビニあるよ。

「昼ごろには終わるかも」から「15時くらいになりそう・・・。」で
結局15時過ぎても連絡ないし、外は土砂降りだから部屋でゴロリン♪
ちゃんとお昼寝枕まであるし、雑誌、本類も充実。
寝ころびながら高瀬川と緑を眺めながら、「はぁ~自分の家みたい・・・。」

そうそう、2階のお部屋。
お布団を敷いててくれましたー。
d0224712_1143747.jpg

お天気が良かったらなぁ・・・。
d0224712_1153814.jpg

パジャマから寒くないようフリースまで!
d0224712_1165598.jpg


相方さんが宿に着いたのは、結局19時近く。
でも、ご近所は美味しそうなお店がすぐ軒を連ねてるので
台風の中食事に出掛けるのもまったく億劫ではなかった。^^

あと、ここの女将さんがすっごくいい方☆

相方は特にこの宿が気にいったみたいで
次回の出張もまた利用しようと目論んでた。

冷蔵庫とWI-FIがあったら最高でしょうね♪
でも、そんなこと気にならない良さが。

西木屋町仏光寺上る
京都市下京区西木屋町通
仏光寺上る市之町260-19

電話 075-353-8578
fax 075-353-8508

ルームチャージのみ。
食事なしです。
[PR]
by wata1006 | 2011-05-31 11:30 | Travel*HOTEL 国内

Mume  ~ 祇園kyoto~

ただいま!
無事京都から戻りました♪
台風の中、土砂降り・・・、何度ココロが折れそうになったことか。
たぶん、ひとりだったら即行!キャンセルしてたわ。笑
出発当日も台風の状況によっては、1泊で切り上げようと。
新幹線の切符も前日の夜まで取らなかったし。

台湾に続き、雨に打たれることが多いなぁ・・・。><
まぁこのご時世に旅行に行けるだけ感謝、感謝。
気を取り直して♪ あまりの土砂降りに写真も少なめ&暗めです。
まずは、お宿から・・・。


相方と何度か京都にいってるけど、連泊はたぶん初めてかも!
最初あずきやさんが希望だったんだけど、週末はもちろん×。
で、トリップアドバイザーを読んでたら初めて聞く宿!ムメさん。
評価も1位だし、気になる~で、早速予約!

Mume

ムメとはPrunus mume という学名を持つ梅だとか。

祇園四条駅から徒歩10分かな、三条駅からも同じくらい。
全部で7部屋だけのスモールホテル。
赤いドアが目印、インターフォンを押してドアを開けてもらうシステム。
 
d0224712_7535469.jpg


チェックインはこちらで♪
朝食もこちらで、17時~19時までハッピーアワー。
9割近くが海外からのお客様だとか。
d0224712_7565284.jpg

ウェルカムドリンク♪
d0224712_7593919.jpg

バーカウンターのお花が素敵♪
d0224712_803091.jpg

お部屋は花・蝶・風・月とあって、一番広い花以外各2部屋。
月が良かったんだけど、満室だったので風のお部屋に。

さぁ~、ワクワク!!
d0224712_831818.jpg


風のお部屋
d0224712_87130.jpg

白いベッドリネンが映える!このホテルで一番明るいお部屋。
d0224712_881789.jpg

窓からは白川が!
夏にはホタルが飛んでるとか、京都は本当に水が綺麗☆
d0224712_89394.jpg


クローゼットに冷蔵庫。冷蔵庫の中はお水のみ。
19時~22時まではフリードリンクでラウンジまたは電話すれば
お部屋までドリンクを持って来て頂ける。
部屋に温かいお飲み物のセットはナシでした。
d0224712_8121910.jpg

バスルームも白で統一されてて清潔感いっぱい。
ムメの刺繍が施されたタオルが可愛い♪
d0224712_81583.jpg

部屋のカギもオシャレ、和というより中国テイストが強い。
d0224712_817548.jpg


お部屋は決して広くないし、椅子なんかもくつろぐっていうよりインテリア重視かもね。
ただ、ベッドの寝心地最高、お布団、枕なんかはとっても良かった♪
四条の繁華街に近いけど、ちょっと奥に入ってるから夜もとっても静か。

さ~て翌朝、相方さんは仕事で6時起き、お部屋に簡単な朝食を届けて頂きました。
パン、フルーツ、コーヒーだったかな。
ベッドから「いってらっしゃ~い」

ラウンジで頂いた朝食♪
d0224712_823315.jpg

スープ、フルーツ、ヨーグルト、パン、ゆで卵、フレッシュジュース、ワタシはコーヒー!
朝7時~で、小さなホテルなのであらかじめ頂く時間を聞かれる。

ひとり食事しながらも、気になるのは外の天気・・・・。
まぁ、ここまで来たらしょうがないし。
12時チェックアウトと遅めなのはありがたい。

d0224712_8344513.jpg


スタッフも英語が流暢、置いてある部屋のガイドブックも英語版。
朝食を頂いてても半分は海外のお客様でしたね!

どこも素敵だけど、入口の出入のたびにインターフォンで開けてもらったり、
フリードリンクも「どんどん頼んで下さい」って言われるんだけど、
それだったら冷蔵庫のお飲みものはフリー、
ラウンジにコーヒーマシーンがあるタイプのホテルの方が以外に気楽な私達。^^

こちらが恐縮しちゃうほど、気遣い満点のスタッフの方々☆

でも、どこもフォトジェニックな宿で素敵でした!!


Mume
〒605-0064
京都市東山区新門前通梅本町261
Tel: ( 075 ) 525-8787
Fax:( 075 ) 525-8825

チェックイン:15:00~22:00
チェックアウト:12:00


さて~、次はぐぐっと庶民的な京町家のお宿です!
[PR]
by wata1006 | 2011-05-30 00:00 | Travel*HOTEL 国内

送陽邸 <屋久島> sanpo

屋久島、永田地区田舎浜にある送陽邸
屋久島に行くなら、絶対にこの宿に泊りたかった。
2年前の夏に、急遽決まった屋久島行き!
ダメ元で電話したら、運良く予約が取れた。お盆明けだったからかな、ラッキー☆
d0224712_9342369.jpg


送陽邸さんといえば、この涼み台が有名!
夏季は朝夕とこちらで食事を頂く。
宿泊者だけの特権!
d0224712_9291559.jpg


こんなブルーの海を眺めながらのお食事は最高の一言。
d0224712_923308.jpg


ときおり強い波があたって、しぶきが飛んでくるので
ちょっとしたアトラクション状態!!

お部屋はシンプル。
1棟5部屋くらいの別棟が3.4棟建ってる。部屋の作りもみな若干違う。
d0224712_9351889.jpg


内風呂もあるけど、やっぱり露天には是非入って欲しい。
鉄分たっぷりの波打ち際のお風呂。
d0224712_9395194.jpg

眺望抜群の檜のお風呂
d0224712_94027.jpg


そして湯上りにはこのハンモックでくつろいじゃおう♪
d0224712_1042334.jpg


めずらしいカメの手、貝の一種。コジラの手のよう。
d0224712_1072648.jpg

朝ごはん、コメが美味しい。やっぱり水がいいからかな。
d0224712_10111298.jpg


結局、一日延泊して3泊してしまった。
女将さんが、ビヨーク夫妻が泊りに来たと言ってた。
実際、海外からのお客様も多かった。

このお宿、お父さんがすべてデザインから建築まで手掛けてる。
夕食時に地元の『三岳』をもって、宿泊者全員にご挨拶。
ちょっとうっとおしいが、そこは御愛嬌!(笑)

d0224712_10402992.jpg


パワースポット屋久島で、こんな綺麗な海を眺めながらノンビリくつろいだら
元気になること間違いなし!!

延泊したのが女将さんに喜ばれて、帰りにこっそりと
なかなか手に入らない「三岳」をお土産に頂いた。
内緒だよって頂いたけど、ばらしちゃった^^
でも、二人とも下戸なんだよ。(笑)

夏季はおひとり様の宿泊は受け付けてないので、
ここは是非お相手をみつけて泊ってみて♥♥
[PR]
by wata1006 | 2011-04-27 10:58 | Travel*HOTEL 国内

ル・トワ・メゾン ~kyoto~

京都つながりで、昨年泊ったル・トワ・メゾン
桜の時期に1泊してきました。

西陣の京町家の1階がカフェ、2階が一日一組のお宿です。
d0224712_20313318.jpg


雑誌で見つけてから、いつかわ・・・って思ってて
ダメ元で電話したら、一週間前で予約が取れた。
人気の宿は、キャンセルも多いのであきらめないことが肝心かも。

右手に見える階段部分が宿への入り口。
d0224712_20331752.jpg


フロント兼カフェのお会計
女性スタッフが宿からカフェの料理、接客までひとりで切り盛り。
この奥もお座敷スペースがあり、結構広い。
d0224712_20364438.jpg

さてさて、お部屋!
階段を登っていくと、まずこんなリラックススペース。
d0224712_2036137.jpg

お隣は和室。
翌日仕事で早朝出発の相方の為に、和室に別途お布団を用意してもらってて
すでに、敷かれてた・・・・。041.gif
どかすのも面倒なので、写り込まないよう撮影。
d0224712_20384973.jpg

d0224712_1744111.jpg

和室のお隣はベッドルーム。
d0224712_863722.jpg

こちらの宿、寝具にはこだわってて
ベッドで高級車一台お布団も軽自動車一台分のお値段とか!!

そして、通り側には洋間とバスルームが。
d0224712_20452766.jpg

マークス&ウェブのアメニティ。
真っ白なバスダブ、水周りは今風にアレンジされてるので
まったく問題なし。
d0224712_20465190.jpg


ルームチャージのみ。
週末は1階のカフェがディナー営業しているので
ノンビリ頂いた。
到着したのがお昼だったので、ランチもココで。
名前のとおり、フランスのビストロって感じのお料理。
カフェのみで訪れる方も結構多かった!
d0224712_874526.jpg


朝から夜遅くまで観光して、寝るだけに帰ってくる人が多いのか
「宿での滞在を、すごく楽しまれてて、嬉しいです」と。


せっかくいい宿に泊ったなら、満喫しないとね。^^


カフェの入り口のカギを頂き、夜間はスタッフがすべてお帰りになるので
まさに、自分達だけに!

まわりは観光地化されてない京都の住宅地なので、
まさに暮らしてる気分満喫。

近くにル・プチメックっていうフランスのパン屋さんそのままの、
素敵なお店があるので朝食は是非ココでどうぞ。049.gif
[PR]
by wata1006 | 2011-04-21 00:00 | Travel*HOTEL 国内

和楽庵 ~kyoto~ sanpo

出張族の相方。
また京都出張もあるみたいで、ちょっぴり楽しみ♪
現地で合流して、楽しんでしまうのだ。

京都はプチ移住したいと思えるほど、大好き。
寒暖の差は激しく、寒がり、暑いの苦手な私には無理と言われるけど・・・。笑

3年前に訪れた和楽庵さん

日本人にも外国人にも人気のゲストハウス。
ゲストハウスというと、どうも若者向けの宿って感じだけど
ココは個室もあり、どちらかというと、オシャレ系ゲストハウス。

1泊2日で和楽さんに泊りたいだけで、ひとり京都にいってしまった!

d0224712_9554492.jpg


フロント、オーナーは日本人の奥様とフランス人の旦那さまのコンビ。
d0224712_9562963.jpg


朝食を頂いたり、くつろいだりのリビングルーム。
オキナワのようなゆんたくとかあるのかな???と思ってたけど
特にそんな飲み会は無かった。
d0224712_9574996.jpg


ガイドブックにも出ている有名なお庭。
向かいが一番高いお部屋、デラックスルーム!
でも、共有のリビングルームの真向かいなので、あの縁側でくつろぐのは
ちょっと微妙かも・・・・。
d0224712_9592869.jpg


昭和チックな洗面所。
なにげないが、とってもオシャレ。
d0224712_104951.jpg


PCルーム&本棚
d0224712_1034821.jpg


私の滞在時、個室以外はすべて外国人の方でした。

渡り廊下部分が吹きっさらしで、朝は寒かった。><
まぁ、古い町家だから真夏、真冬の宿泊は気合いが必要かと。。
d0224712_1063262.jpg


さてさて、お部屋です。
ツインルームを予約、超シンプルなお部屋。
デラックス以外の個室は2階。

夜は照明もかなり暗く、ガイドブックを読むのも一苦労。
テーブル以外何もないので、かなり寂しかった。
まさに寝るだけ・・・・。014.gif
d0224712_1081866.jpg


ゲストハウスには共有のシャワールームがあるけど、
男女一緒っていうのも落ち着かないので、自転車を借りて近くの銭湯へ。
京都は銭湯がまだまだ多いらしく、
地元の方が利用している銭湯でしっかり温まった。宿から5.6分だったかな。
関西は湯船が中央にある!

前日までにお願いしておくと用意してくれる朝食。
d0224712_10172969.jpg


祇園のあたりに楽座という姉妹宿もオープンされてますね。(未泊)
d0224712_1020034.jpg


ずっと泊ってみたい宿だったので、すごい嬉しかった。
どこもフォトジェニックだし!

ただ、快適さを求めると・・・・。
かな。

宿泊した当時は数カ月先の予約じゃないと、個室なんて取れなかったけど
現在外国人の宿泊が激減しているのか、かなり余裕がありますね。
久々にHPをのぞいてビックリしました。

[PR]
by wata1006 | 2011-04-20 10:44 | Travel*HOTEL 国内

ゲストハウスティンガーラ 石垣島

オキナワも海開きしましたね!!

ゲストハウスティンガーラ

オープン当初から泊ってみたいと思っていた宿。
国道から砂利道を300メートルほど進むとやっとみえてくる。
d0224712_124365.jpg

こっそりお宿見学にくる方が多いのか、あっちこっちに
宿泊者以外お断りの文字が。。
d0224712_1273078.jpg

さて、到着!
2部屋のみ、おとな向けのゲストハウスです!
d0224712_1926025.jpg

お部屋はシンプルですが、必要なものはすべてそろってます。
d0224712_1926477.jpg

ウェルカムティーのサービス♪
d0224712_19273468.jpg

お部屋からは広大なお庭、その先に海!
夜にはホタルが一年中みれますよ。
d0224712_1029564.jpg


バスルームはシャワーのみ。外側にも入口があり海から上がってそのままシャワーへ。
d0224712_10314736.jpg


素敵な手作りのビーチマップ!
敷地の先にひっそりとあるプライベート感いっぱいのビーチ。
シュノーケリングを楽しみにやってくる方が多い。
d0224712_10323922.jpg

透明度抜群!!
ウェットスーツやマリングッズのレンタルもしっかり揃ってます。
d0224712_10385895.jpg


さてさてお待ちかねの夕食^^
石垣牛ハンバーグが有名です、美味しかったーー。
夕食提供日が限られてるので注意!
d0224712_10402736.jpg

ボリュームがかなりあるので、一杯飲む方は完食は無理だと思う。。
d0224712_10414451.jpg

朝食♪
天気が良ければ、このテラスで頂きます。
最高!!
d0224712_1042404.jpg

d0224712_10431128.jpg

レストラン♪
d0224712_19312275.jpg

滞在中、お隣のカップルがこのお宿でプロポーズされたとか。
他にも何組かのカップルがプロポーズされてると。。
いいねぇ~、思い出の宿だね。

でもお値段はリーズナブル、嬉しい♪

しかし、この後突如休業。
年明けからオープンと言われてましたが、いまだ不明です・・・。
クチコミでは「突然の休業で対応が悪い」なんて書かれてたりもしますが
余程のことだと思います。
オーナー夫妻を実際みているので・・・。
無事再オープンを祈ってます。

2010年4月 宿泊
[PR]
by wata1006 | 2011-03-28 00:00 | Travel*HOTEL 国内

ゲストハウスパナパナ 小浜島

何度目かの一人旅で訪れた小浜島。

お気に入りの宿リストがあって、そこをちょっとづつ制覇していくのが喜び!

なのでひとりでも、出来れば気になるお部屋を予約するようにしている。

d0224712_20304912.jpg



ゲストハウスぱなぱな

石垣島から高速船で25分。
ちゅらさんで一躍有名になった島。
でもこれといって見どころは少ない、素朴な島。
d0224712_2033581.jpg

このテラスで食事を頂く。
この当時は携帯カメラ。
アナログ人間なので、デジカメを購入したのはここ2年ほど前。
食事の時間以外は昼寝をしている人やノンビリくつろいだり。
正面にはどどーーんと西表島。
こんな雄大な景色をおがめる宿はそうそうないよ!
d0224712_1951269.jpg

海正面のお部屋が希望だったんだけどやっぱり人気で
お一人様はこちらに案内されてしまう。。
専用キッチン付きなので、それは便利でした。
d0224712_19545021.jpg

夕日を見ながら夕食♪
男性には量が少ないかもしれないが、女性の多い宿
私にはこれくらいで充分。
d0224712_19572871.jpg


オキナワの夕日は本当に綺麗☆
d0224712_2024387.jpg


和食と洋食が交互に。
d0224712_207311.jpg


きっぷのいいネエネエが切り盛りしているので
女性の一人旅にも安心の宿。
近くにあるレストランの食事も美味しいのでランチは是非そこで。

お店が無い島なので、お菓子類ははいむるぶしのショップをオススメします。
ホテル内のスパでボディーマッサージを受けたり。^^
八重山にしかない、サロンオリジナルブレンドのトリートメントオイル!
観光後にちょっぴり贅沢しちゃった♪

何もないぶん、本当にノンビリ出来ると思うよ。。

2008年10月宿泊
[PR]
by wata1006 | 2011-03-13 08:01 | Travel*HOTEL 国内